社長のひとりごと

  • 千眞工藝
  • twitter 公式アカウント旬の情報をお届けします!
  • フェイスブックのいいね!で割引
  • SENSHIN日記 by社長

社長のひとりごと

2022/04/13
感動するスピーチを拝聴。

本日の京都ロータリークラブは、間もなく白寿をお健やかにお迎えになられる千玄室大宗匠のスピーチでした。テーマは『ロータリーの本質 エッセンシャルロータリー』でした。大宗匠の半生を語り始められました。



幼少期から、文化に囲まれて、過ごされてきたので、大学生活は、法学を学ぶ事を希望され、徴兵猶予願いを提出され、勉学に励まられるつもりであられたそうです。しかし、太平洋戦争が厳しい現状となり、二十歳の時、徴兵されたそうです。海軍を希望され、日々、厳しい訓練をされ、昭和二十年三月一日に徳島の特別航空隊が編成され、入隊されたそうです。敵国の攻撃に遭い、命拾いを、何回となくされたそうです。そして、待機命令の出た大宗匠の点てられた抹茶を一服飲まれて、五月二十一日の沖縄攻撃に、多くの戦友が出撃され、海に眠ってられるそうです。ご自身の生命も、その時に終えてるべきで、白寿を迎えるのは夢のようだと言われます。戦友と共に散るべきさだめだったので、その後頂いた人生、七十八歳だとも言われます。



ウクライナの現状に対して、ロータリーアンは、自己生業に誇りを持ち、人の為に尽くすべき。人の身でない、自分の身明日は我が身と思い、本当の奉仕は何をすれば良いか、行動に移すロータリーでなければ明日は無いと締めくくられました。背筋が伸びる思いでした。拝聴した小生は、直ちに自己の出来る事を実践しようと思います。

2022/04/12
父の遺稿を発見。

社内で、滅多に開けない収納家具の扉を開けると、(捨てたらあかん。捨てる前にちょっとだけ読んでいてほしい。)と、赤字で走り書きをした原稿を見つけました。墨蹟日暦の製作に心血を注いだ証となる貴重な物でした。父の言葉通りに、ちょっとだけ読んで、私の心に落とし込み捨てる事にしました。父に負けないように頑張る闘志が湧いてきました。感謝。




2022/04/06
南禅寺管長猊下晋山式

令和二年に、管長に就任された傳芳老大師の、晋山式が、コロナ禍の中、延期に継ぐ延期の中、規模を縮小され、厳修されました。弊社は、御用達にも入っていないので、参ずる事はないと思ってましたが、管長猊下の知人関係として、リストアップしてあるので、縮小の対象外との事でした。満開の🌸が咲き誇る境内も、佳き日をお祝いしているようでした。創業者の父が、五十年前に、墨蹟日暦を製作したいと、寒松老大師に相談した時に、私が各派管長の所に、一緒に行けないので、紹介して下ちさったのが、木村静雄師でした。その後、格調有る墨蹟の解説も賜り、弊社、並びに父の大恩人でした。傳芳老大師は、木村先生の弟子で有られる関係で、晩年の木村先生の病気療養の事とかを、自宅にて、相談したり、親しく交流が有りました。小生も、傳芳老大師に、縁あり、坐禅指導を受けたり、様々な思い出があります。今でも、目に掛けて頂き感謝です。父が亡くなり、七年になりますが、家を出る前に、この慶事を仏壇に報告しました。















2022/04/03
ロータリーの地区大会

本日、国際会館で、ロータリーの地区大会が、三年ぶりにリアルに、規模縮小と言えども、約二千人の規模で行われました。



特別講話『ロータリーの未来』というテーマの千 玄室大宗匠の力強いメッセージを拝聴しました。数えで百歳であられますが、平和な世界を目指され、ロータリーのみならず、国連、ユニセフ等で、幅広い活動をされているので、御壮健で一人一人に訴えかけるような心に迫るものでした。キエフにも、三回訪問され、桜並木のジャパンストリートがあり、穏やかな街並みで、ロシアの軍事侵攻は残念極まりないと述べてられました。ロータリーの奉仕活動は、今出来る事を個々が精一杯やりにく事が肝要と示されました。地域においては、北や南と区別して国と国との戦争に発展するが、「佛性無南北」と言う言葉を引用され、人格に有る佛性は南も北も無く、それぞれに等しく具わっているので、大切にするようにと結ばれました。




2022/04/01
成人の定義

今日から、140年続いた二十歳が成人の定義が十八歳となります。



若者が、社会にもまれて、試練を乗り越えて、日本国を支える人材になって下さる速度を早める意味でも良い事だと思います。



しっかりとした自分作りをして、何事にも囚われない、執着しない人生を楽しく、軽やかに、一歩ずつ築いてほしいと思います。



今月の南禅寺管長の田中寛洲老大師の墨蹟は、新成人へのエールと捉えて頂ければ幸いです。