社長のひとりごと

  • twitter 公式アカウント旬の情報をお届けします!
  • フェイスブックのいいね!で割引
  • SENSHIN日記 by社長

両頭倶裁断 一剣倚天寒

両頭倶裁断 一剣倚天寒

更新日:2015/05/11


今日の京都は晴天で、頬に感じる清風が心地よく、最高の坐禅日和です。

朝から、禅居庵さんの縁日にお参りさせて頂き、坐禅会に参加しました。

最後の法話の際に言われた言葉が、『両頭俱に裁断して、一剣天に倚って寒じ』でした。

上松正明和尚の父であられた先住職は、岐阜県生まれの禅僧で、所謂、美濃坊主と呼ばれる方で、ご縁があって、京都の建仁寺の山内の住職に迎えられたと聞いていますが、書道家としても、研鑽を積まれて、日展で審査対象でなく、無審査で作品をご披露される地位までなられましたが、53歳に遷化されたと拝聴しました。

先日、物置を整理されてたら、先住職の、タイトルの語を揮毫された扁額を見つけられたそうです。

僅かな時間、たまに坐禅しただけで、善と悪 愛と憎 苦と楽などの分別の両頭を断ち切り、わだかまりを残さない大自在の境地を味わう事は出来ませんが、言葉の語意を丁寧に説明下さって、今後も永く坐禅を続ける喚起を促して下さいました。本当に感謝です。

 

Leave a Reply